近頃思えばあの場面しばし気が付いていたら結婚式見込める転機だったかも

今日46歳になる独身のOLです。24年で経歴し、導入当初は昼過ぎから仕事の取り次ぎ事務としてスタートしました。オフィスは食物問屋で、究極をクライアントとしてる結果
日々稼働してて、事務といえど受注を担当してましたのでウィークエンド関係なく仕事をしてました。昼過ぎから夜間までの出勤とウィークデーの休日で、実に他の人と日にちが場違い生活を送ってて、でもういういしいうちはとりわけ気にしてませんでした。35年ごろになり、そういった(ブライダルを当たり前とした)お付き合いもしないととおもい、ブライダル調整所に入所(有償)し、とある皆様(あだ名Aくん)と知らせがとれ一度お会いしました。ご時世はおんなじご時世でしたがかわいらしい感じで、話してても好感が持てる皆様でした。ただ今思えばパートナーの方が焦っていたのか、あったその初日に別れてからも頻繁にメルアドがきて、そのあたりのマメさがない当人は応えをするのにいくぶん煩わしくなっていました。後何度かメルアドでやり取りしてましたが、年の瀬の瞬間を迎え任務が忙しくなってきてからは、見合うこともなく知らせも途絶えがちになりました。そうして(お粗末な話ですが)Aくんの付きを忘れかけてた年明けのあるら、久々にAくんからメルアドが届きました。がオフィスの友人でおんなじ苗字のひとがいたのでその人からかと思い、とんちんかんな返信を通してしまい、結実Aくんから涙風貌の絵文字の応えメルアドがきてしまいました。そのときにどうにか気が付きましたが、内とっくに遅くAくんは調整部位を解約されてました。その後の自分の暮らしで別のお見合いの物語も数件あり、実に何人か会いましたがとくにピンとくる方もいなく、あっても単発とか先方から拒否の知らせがあったなどで、結実現在も自力の状態です。今現在はブライダルもあまりあきらめかけていて、周囲から何人かは惜しくもがんばればともいってはもらえるが、予め「現在思えばあの内、知らせも取り続けてさえいれば結婚していたかも」という後悔がある近年です。ビューティーボタニカルの口コミ参考ページ

近頃思えばあの場面しばし気が付いていたら結婚式見込める転機だったかも